スイミング

せめて「背筋シャン」でいたい。コロナ太りと加齢太りのダブルパンチで体脂肪11%から30%へ

かって背筋が自慢でした。腹筋はないのに、なぜか背筋はある。

筋トレをしていた昔、背筋はかなりの重さのトレーニングができていた。理由はわからないけれど、背筋が強かった。

しかし、気がつくと猫背になっている今。。。。すっかり脂肪がついて、まあるくなった上半身。

おーい、筋肉くん、君はどこへ~?

腹筋にトレーニングはいらない

って、筋肉ばきばきボンキュッボンのトレーナーの人が言っていました。彼女いわく

「お腹を意識して、腹筋を固めてお尻の穴をすぼめた姿勢で一日中いればいいのよ」

とサラリと言っていました。腹筋を緩めるのは、寝るときだけらしいです。

スゴっ。

そんなすごいトレーナーの人の真似は無理だけど、背筋は伸ばすように気にしている。で、一応腹筋も固めている。でも気がつけばすっかりそんなこと忘れてだら~ん。

そして容赦なく増える体重。

見栄え云々ではなく、膝とか腰とかに負担かかるからこれ以上はさすがにまずいでしょ。

体脂肪11%の奇跡から30%への転落

手元の資料によると、2009年1月10日の体脂肪率は11.1%。12年前と言えば50歳。まさに驚異的。ただ、この時スポーツクラブの機械が壊れていたという疑惑もある。

この11%は栄光の記録として残してあるので、興味がある方はご覧ください。

過ぎし日の体脂肪率11.1%の栄光

その当時さすがにびっくりして、「私、大丈夫でしょうか?」とスポーツクラブのスタッフに結果を見せたら

「うーん・・・・。ちょっとこれは・・・。違うと思いますよ」(筋トレそんなにしているわけでもなく、筋肉あるわけでもない50歳のおばさんが体脂肪11%のわけないでしょって顔にかいてありました)

でもそのあともずっと18%から21%の間だったので、低いは低かった。

そして、今日は30%だっ。

平均より少し多いくらい?

でもこの間はかったら35%だった。水分量や食事量で全然変わってしまうので体脂肪率は実はあてにならない。目安になる程度だと本当は知っている。

とはいうものの、今10%台が絶対出ないことは確か。

プールは実は痩せない

泳ぐようになって、それまでやっていた筋トレ(もどき)や、有酸素運動をやらなくなってから、かなり脂肪がつきました。

プールは痩せない

もちろん、食事を調整している人は別だけど、普通の人は痩せないよ。プールにはお腹がぷっくりしている中高年が普通に泳いでいるし、何ならどちらかというとかなり大きめな体の人もすいすい泳いでいる。

痩せたい人は筋トレだよ。

私が泳いでいるのは、好きだから。単純に泳ぐのが好きってだけ。

それでも泳ぎながら腹筋しているつもり

泳ぐのに大切なこと、それは姿勢。背筋はまっすぐ、腹筋は固く。水平姿勢を一応意識。意識するだけで違うはずと信じて。

気がつくと背中がまあるくなっている今日この頃。

これ以上の体重増加を阻止したいとつくづく思う。

そして、プールのあとはこれ。

ケークサレにチーズをプラス

ケークサレにチーズをはさんでたんぱく質強化したところがポイント。次回はベーコンをもっと入れるといいかも。

あまじっょぱいが美味しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA