料理

らっきょうを漬けました。季節の手仕事が好き。

保存食を作るのが好き。

丁寧な暮らしをしているという錯覚を楽しめるし、作っておくと普段の料理に使えるし、安全だし、何より美味しい。

スーパーに行ったら、らっきょうが売っていました。鹿児島産。

らっきょうといえば、鳥取だけど、鳥取産はもう少しあとなのかな。

鹿児島産らっきょうを購入しました。

らっきょうは下準備が大変。というか時間がかかります。一つ一つらっきょうの根と上の部分の2か所を切り落とすのに時間がかかる。

でもやることはほぼそれだけ。テレビでも見ながらのんびりやります。

洗いました。周りの薄皮がもともとあまりないらっきょうですね。

その後ざるにあげて、残りの薄皮をとりつつ、一つ一つらっきょうの根と上の部分をカット。らっきょうは思っている以上に個数があるので、なかなか終わりません。

終了しました!! この後もう一度洗います。

あとは甘酢につけるだけです。塩漬けして、その後に甘酢につけるのが本格的なやり方らしいですが、塩漬けはしません。

去年は軽く塩をまぶしてから甘酢につけました。少ししょっぱかったです。

高血圧なので今年はそのまま甘酢につけてみました。

冷蔵庫で保管します。小さなびんなので入ります。

梅酒の梅ジャム

スーパーには小梅も売っていました。小梅は使ったことがありませんが、小梅の後もう少しするとふつうの大きさの梅が出てきます。毎年、梅酒と梅ジュースを作ります。

去年の梅酒から梅の実を取り出しました。そして、梅ジャムにしました。

梅酒の梅にも栄養はあるみたいです。梅を加熱することでできる成分 ムメフラールは血流をよくしてくれるらしい。

梅エキスにはこのムメフラールが含まれているけれど、梅ジャムにも多少は入っている。梅エキスといえば体にめちゃくちゃいいんですよねー。

健康オタクだった若い頃、梅エキスをオブラートにくるんで飲むという荒業をしていました。梅エキスをスプーンひとさじ毎日飲むとよい って自然食の本に書いてあったので真剣にやっていました(笑)

スプーンでそのままはきついんですよ。で、丸いオブラートを薬局で買ってきて、くるんで丸のみしていました。体に良かったのかどうかは不明。

梅ジャムをパンにつけて食べました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA