日常

アマゾンプライムビデオを観てみよう。VOD激安だけど面白い作品があった

アマゾンプライム30日間無料のお試し期間中です。せっかくなので、プライムビデオを見てみることにしました。アマゾンにログインすればどこからでも観れるので便利です。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

スマホおとしただけシリーズの第2弾。ちなみに第一弾は見ていません。

サスペンススリラーとなっていました。囚われの殺人鬼 ってすごい副題。

怖いのかなと思わせて、怖くはない。ハッカーの話でした。

スマホやパソコンのセキュリティの話がちりばめられていて、なるほど と参考になりました。

白石麻衣ちゃんが、フリーwifiから情報を抜き取られます。そして、スマホに監視アプリみたいなもの(たぶんアプリなんかじゃなくてもっとそれぽいやつ)を入れられて、監視されてました。

今の時代、知識がある人がその気になれば何でもできちゃいますね。こわい。あっ、ここがサスペンスなのかも。

フリーwifiこわいってよく聞くけれど、今使っているスマホは自動的にフリーwifiにつながる。もちろん切ればいいだけの話だけれど。

京王線に乗っていると、フリーwifiがつながるところに来ると勝手に入って、勝手に切れます。ほっておきます。

おばちゃん監視しても何もいいことないしね。パスワード抜き取られて、アマゾンでばんばん買い物されてもクレジットカード会社が基本的には補償してくれるはず。

早めに気が付くことが一番大切ですね。

映画自体は期待しないで見た分おもしろかったです。

『めぐり逢わせのお弁当』

2013年のインドの映画。

インドのお弁当配達システムってすごいです。そしてこの映画インドの文化が垣間見れます。

インドの会社ってこんな感じなのかとか インドの食事って野菜が多い とか、無駄に笑わないのはインドの国民性なのか など思いながら面白くみました。

主人公の同僚はインドの電車(激込み)の中で人参を切ってました!!

35年勤めた会社を早期定年をする主人公。

いつの間にか、子供時代に可愛がってもらったおじいちゃんのように歳をとっていたことに気がつくあたり、身につまされました。

ヒロインの女性は美人でした。夫に浮気されていてやっぱり孤独。人生の孤独はどこの国でも一緒ですね。

余韻に浸り、インドの文化に浸り、いい映画でした。

ネットフリックスと比べてみると

まだ2本しか観ていませんが、韓流もたくさんあるようです。

実は第1回目の緊急事態宣言の時、ネットフリックスに加入。『愛の不時着』を楽しみました。

『梨泰院クラス』はかなりはまりました。でも、見る時間がなくなったので、その後解約。

よくNetflixからメールが届きます。Netflixをもう一度 って力説しています。

😥もう一度チャンスをください 

ってタイトルが笑えます。

ネットフリックスは今年値上げをしました。

  旧月額新月額
Netflixベーシック版880円990円
 スタンダード版1320円1490円
 プレミアム版1980円1980円
 アメリカ$13.991539円
    
  年額月額
アマゾンアメリカ 年間$1191090円
 日本 年間4900円409円
1ドル110円で計算しました

ネットフリッククスは世界同一価格を目指しているらしいです。スタンダード版で1490円。アメリカ1539円。

それにひきかえアマゾンプライムの価格は、アメリカの半分です。日本409円、アメリカ1090円。

いつからか日本は給与が上がらなくなっています。物価も実は下がっています。つまり、

ネットフリックスは高いのではないでしょうか。頻繁に観ない人はアマゾンプライムビデオで十分いけそうな気がします。

つぎは、北川景子さん主演の『ファーストラヴ』(2021年)を観てみようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA