料理

コロナワクチンのことを考えすぎて頭がパンク。で、チーズケーキを焼きました。

コロナワクチン。接種券も届いて身近なものになってきました。

打ったほうがよい vs 打たない方がよい。いろいろな意見があります。

なのでワクチンの仕組みを自分なりに理解しようと勉強しました。

自分の中で作られた抗体が残り続けることで、今のコロナには効果があっても、この後のさらなる変異種が出てきた場合、感染を増強させてしまう可能性がある っていうことが怖いと思いました。

mRNAから作られるスパイクたんぱくが体に残るのかあるいは分解されるのか。ここが諸説あり、ワクチン派と反ワクチン派で分かれているよう。

62歳の頭はパンク寸前です。

ただ、今現在のコロナに効果があることは確かです。感染しても発症しないか、軽く済みます。

ワクチンを打ったとしてもコロナに感染をしないわけではないので、小さなに子供たちや、体質の関係でワクチンを打てない人にうつさないよう、今まで通りマスクや手洗いはしっかりやる必要があります。

62歳はコロナにかかったら、エクモやICUの適応外

友人の看護師は、今ファイザーのワクチンをたくさんの人に接種しています。

自己責任でワクチンを接種していない彼女ですが、この歳なら、遺伝子に今後なにが起きようと考えなくてすむね と笑っていました。

ただ、高齢者はエクモやICUの適応外なんだそうです。先のある若い人が優先されるそうです。これは、彼女の勤めてい病院だけの話なのかもしれませんが、限りがあるのであれば、当たり前だな~と思いました。

それもあって高齢者の接種を急いでいるのでしょうか。

免疫力を高めて、できれば打ちたくないのが本音です。

いずれにしても、自己責任です。

正直、結論が出ていません。

プールで泳いでいないのでセロトニンが不足

1週間前位から、ずっとだるいです。熱もなく、頭痛もないのですが、なんとなく疲れやすい。季節の変わり目なのもあるかな。

こんな時、『もしかして・・・』ってつい考えてしまいますよね。

コロナと足首の怪我でプールで泳がなくなって、ずいぶん体力もおちたし、メンタルもよくないです。

今までプールでロングで泳ぎ続けることで頭を空っぽにしていました。

セロトニン不足です。

そのうえワクチンのことを考えすぎて疲れました。なので、

チーズケーキを焼いて気分を変えることにしました。

るん。るん。

チーズケーキの土台はやっぱりマクビティでしょ。なのに売ってない。

小麦胚芽が入った、マクビティダイジェスティブビスケット。子供の頃初めて食べて『美味しい♪』と感動しました。

チョコがけもありましたよね。さあ、スーパーへいくぞ。

チーズケーキの土台はマクビティでなくっちゃ。なのに!!

マクビティが売ってないんです。

なんで?

意地になって、何軒か探してみました。どこにも売ってないんです。

調べたら、明治製菓とのライセンス契約終了していたことが判明。

だからどのスーパーにもおいてなかったんですね・・・。好きだったんだけどな。

今は、モントワールという会社から販売されているらしいです。カルディにあるらしいですが、そこまでして買うこともないので、セブンイレブンの100円プレーンビスケットで代用することにします。

かなり適当に作ったチーズケーキ

実は生クリームの賞味期限が今日まででした。だから作ったともいえます。

いい加減な性格なので、お菓子作りは苦手。お菓子ってきっちりはかって作らないとたいてい失敗するものです。

でもチーズケーキはたぶん平気だろうと適当に作ります。

①まず、ビスケットを砕いて敷き詰めます。固いままのバターを指でつぶしながら、ビニール袋でビスケットに混ぜました。

 → よく混ざっていないまま敷き詰める。

②クリームチーズ・卵・砂糖・生クリームを目分量でカシャカシャして最後に小麦粉をさっくり混ぜて終了。

 →チーズがだまになっていたけれど、どうせ焼くんだからいいっしょ。と流し込む。

③170℃のオーブンで35分位焼きました。

 →いい焼き色がついたらOK。生でも食べられる材料ばかりだから生焼けの心配なし。

チーズケーキが焼き上がりました

焼き上がりはイケているじゃありませんか。

切ってみました

土台のビスケットが崩れました。やはりよく混ざっていなかったか。

召し上がれ

きちんと計らなかったので柔らかめ。エッグタルトみたいな味で美味しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA