日常

健康と長生きに必要なのは、朝のたんぱく質20gか。16時間空腹か。

厚生労働省によると、1日に必要とされるタンパク質の量は60g。

つまり一食20gですね。友人の話によると、中でも大切なのは朝だとか。朝、しっかりたんぱく質をとることが脳にとって大事らしい。朝、たんぱく質をしっかりとることで脳が活性化されるとか。

空腹時間16時間説では、一日3食では胃腸は常に動きっぱなし。消化に使われるエネルギーを排毒に回すことで体のさまざまな臓器が修復するってことらしい。

どっちもうなずける。

1日1食20gのたんぱく質

肉、魚、卵、納豆。これだけでたんぱく質を取ろうとおもうなかれ~。

当然のことながら、お米にもパンにもうどんにも野菜にもたんぱく質は含まれています。

6枚切り食パンの1枚にたんぱく質5gくらい入っています。

納豆1パックで約7gのたんぱく質なのと比較すると、意外なほど高たんぱくじゃん。

ちょっと調べてみました。

食パン 6枚切り1枚5g
ごはん 1膳3.8g
納豆  1パック7g
卵   1個6g
牛乳  200mℓ6.8g
ささみ 1本11g

もちろん野菜にだって入っている。

特にブロッコリはアミノ酸スコアでいうと良質なたんぱく質が入っているらしい。

ご飯と味噌汁と納豆と卵とブロッコリで20gは楽勝。

高齢者の友・味噌汁は塩分に注意

鰹節で作った味噌汁は2gのたんぱく質。それに豆腐やら油揚げやらその辺の余り野菜を入れれば3gぐらいにはなるはず。

パンなら、ハムエッグとかサラダとかカフェオレにヨーグルトとか。

最近はまっている厚焼き玉子トースト(トーストにマヨネーズを塗って甘い厚焼き玉子をはさんだだけ)とかもいい。

昨日の夕飯はたんぱく質30g

昨日の夕飯は、ささみの湯引きサラダ・茄子の煮もの・ビール・せんべい。

ささみが柔らかくて、オリーブオイルと醤油をかけただけのサラダがまじ美味かった。

せんべいなんて夕飯といえず、決して自慢できるメニューではございませんが、美味しくて、柔らかな良質のささ身2本ほどペロリと頂きました。

ささみだけでたんぱく質20g。

こんな食べたいものだけ食べる適当おひとり様メニューだって、たんぱく質30gはとってる。

お昼だって白身魚1切れ食べた。たぶんクリア。

朝は卵とブロッコリを食べた。んー。少し怪しい。

一日を振り返ると、やはり朝は弱い。たんぱく質をかなり意識しないと20gとれてない日があります。

そんな時はこれでしょう。

ザバスのブリックパック

プロティンでタンパク質を補給

週に1回から2回はプールで泳ぐけれど、マイペースで漂っているだけなので、運動はしていないと言える。

でもプールで泳いだ日はそれなりに疲れている。

そんな日はたんぱく質も多めに必要だよね~。

少し若い頃、少し運動していて、プロテインを飲んでいた経験では、やっぱり回復力が違っていた。

ザバスは駅前のコンビニで購入。どこにでもあるから買いやすい。

さらにアマゾンでザバスの粉も買ってみた。

しかし実はどちらもまだ飲んでいない。朝何もない時や、食欲がない時に飲む予定。

備えあれば憂いなし。

16時間空腹だといいのか

胃もたれしやすいお年頃。

たまに、お昼にお腹がすいている日があるけれど、たいていはすいていない。

お腹はすいていないけれど、パワーはない気がする。そしてお腹はすいていないけれど、食べたい。

で、食べる。もちろん食べられる。

その後もたれる。

年齢とともに消化にも時間がかかるようになるだろうし、❝一日3食は食べすぎ❞と言われればそんな気もする。

空腹時間1日16時間にするのがいいという説では、空腹の時間に体のいろいろな修復が行われるそう。長生きの遺伝子も活発になるんだそうです。

夜8時にご飯を終えて、翌日のお昼12時まで何も食べないとちょうど16時間。

実は一度トライしたことがあります。

朝食を食べないだけなので、さほどつらくなかったです。

でもすぐやめた。お腹がすくというより、胃腸が動いていない気がした。つまりお腹はさほどすかなかった。

プールで泳いだ日にもあまり向かなかった。さすがにエネルギー切れな感じで。

というのはいいわけで、実は我慢できなかったのかもしれない。

ほどほどに腹八分目

これが一番。そして一番難しい。

食べ始めるとスイッチが入って、食べ過ぎてお腹いっぱいになってしまうこともたびたび。

お腹と相談して、お腹がすいたときに食べる。

当たり前のことが当たり前にできる立派な人間にいつかはなりたい。。。。。

胃腸は体のかなめ。大事にしなくては。

神宮外苑のイチョウ並木

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA