スイミング

吹っ切ったー。幸せやってきた―。とまでは、すぐはいかないけど、なんかいいかんじ。

昨日から吹っ切れたなにか。

コロナや老後に対する不安や閉塞感が溶けてきました。

うつうつした気持ちが軽くなりました。確かに、心の持ちようは自分が決めてるな。

日曜日はいつもTBSラジオ。安住紳一郎の日曜天国で笑います。

安住紳一郎さんは、ポテトチップスを食べるのはクリスマスイブだけと決めているそう。それを聴いたリスナーの私は今日イトーヨーカドーでカルビーポテトチップスコンソメパンチを買いました。

もちろん一袋一気食いです。

やっぱり買ってはいけない。クリスマスイブだけの特別な食べ物にしておくのが正解です。

人間の順応力

プールへも行ってきました。いい感じです。

プルブイをしながらのターンもできるようになりました。足がずいぶんよくなってきたのでターンの時足首が使えるようになりました。

新しいスポーツクラブにも慣れてきました。お話する人はいませんが、プールにいる人の顔を覚えてきました。同じ顔のひとがいるだけで、なんというかな

ちょっとすっぽり。

これは相手もそうじゃないかな。

よそ者から、よく来る人に昇格。特に害のない人認定。ってかんじかと。

プールのシャワーとか、荷物入れとかにも慣れてきた。物に慣れるって結構重要。安心することができる。

いつもそこにある、慣れ親しんだものがほっとするのと同じような感じです。

スポーツクラブについたら、まずお風呂道具やタオルを脱衣所において、それから水着に着替えることにしました。

こんなことでも、自分のやり方を見つけると居場所ができたように感じるから不思議。

700万円別取り置きがいるらしい

プールの前に本屋さんへも。

売り上げ No.1は 『言い換え図鑑』 よけいな一言を好かれるセリフに変える言い方がのっていました。

そしてNo.2は ひろゆきの『1%の努力』

正反対ともいえる本じゃない?クスっと笑える。

ぶらぶら雑誌コーナーへ。

出た出た。おひとり様の老後note だったけな。タイトルは忘れたけれど、シングル女性の老後に関する雑誌。パラパラめくりました。

介護費用 最低平均 500万円・葬式代 100~200万・病気の備え100万 これらは取りおいておきましょうって。

『700万円は別取り置きが必要です』 だそうです。

ヤバー。そっか。困ったぞ。うん。困った。まぁやれるだけは努力してみます。

参考までに、売上No.2 のひろゆきさんは次のように言っておられます。

『人間に生きる意味なんてないと思いますよ。だから死ぬまでにできるだけ楽しく生きるのがいいと思います』

お気に入りの散歩道に咲く花

大輪のゆり
写真撮っていても匂ってきます

白くてかわいい

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA