料理

味噌汁は元気の素。味噌玉は節約の味方

普段の家で飲む味噌汁はペットボトルに水と粉を入れて、一晩おいてだしを取っています。

使っているのは、煮干し100%の粉。

一晩冷蔵庫にに入れておくとだしが出ます。下に沈んだ粉を残して、だしだけを鍋へ入れるから簡単。

下に残った粉は捨てています

職場でのお昼は

残りものや、茹でておいたブロッコリを炒めたものとか、たくさん作って冷凍しておいた煮魚やお肉等をつめるなどのお弁当です。

コスパと栄養バランス重視、いろどり無視。

老後生活が待っている身には,コスパは最重要課題なので、お弁当は毎日欠かさず持っていきます。

何のお弁当にしようかなというより、お弁当になるものを冷蔵庫から探せ!

という毎日のミッションです。

当然、今日はちょっとさびしいとか 美味しいけど昨日も一昨日も食べたんだよなという日もたびたび。

そんな時存在感をはっきしてくれるのが 味噌汁!!

あるとないとではお昼の満足感が全然違います。

私の味噌汁は味噌玉

フリーズドライの味噌汁は美味しいです。

アマノの減塩のナスなどは大好物でございます。ナスのほかにとうふやなめこも好き。

しじみのちからもいいよね。

❝ほら、オルニチンだよ。肝臓にいいのさ。❞ と体に話しかけると

『やったー 飲んで元気になるぞー 』という返事が返ってくる😀 と夢想するぐらい楽しめます。

でも毎日のことだと、コスパが・・・。

そこで私が基本としているのは味噌玉。

味噌玉をはじめて考えた人はすごいですね。

そういえば20年前働いていた職場に、だし入りの味噌をラップでくるんで、スプーンでもってきて味噌汁をつくっている人がいました。

「これ、お湯にといて簡単味噌汁にするの」 

ちょっと照れ笑いして、マグカップをかきまぜていました。みんな昔から節約・研究していたんだなー。

今の味噌玉はラップして可愛くリボンしたり、まわりに青のりまぶしたり、桜えび練りこんだり、いろいろありますが基本は味噌とだしの粉などを混ぜること ですよね。

ですので、無添加味噌と煮干しの粉を混ぜて練って味噌玉にしています。               

混ぜて、丸めて、一つ一つボールにして、ラップにくるみ完成。

具は乾燥ワカメやネギ。油揚げ替わりの天かすです。

正直混ぜるのは少し面倒。ボール出さなきゃいけないし、味噌って意外と固いからすこーし力も必要です。

家では丸めず、平らに伸ばして冷凍庫へいれて、飲むときに一回分ずつ取ってます。味噌は冷凍しても固くならないので簡単便利。

ただ、煮干しの粉が飲んだ後下に残るんですよね。煮干しの粉の場合はかなりの量が残ります。茅乃舎のだしを使っても少し残りますね。ほんだしだったら残らないのかな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA