日常

巣ごもり。音読で滑舌のトレーニング。ぬり絵は到達せず。

緊急事態宣言と足首の捻挫。巣ごもり以外の選択肢なし。

しかも、巣ごもりといえば=掃除・断捨離という大イベントも捻挫のため思うようにままならず。

大人のぬり絵をやってみました

できた作品はこれ。

出来ばえはどうでもよく、集中することで心を穏やかにするものかと思います。

・・・・・。

すみません。向いてないです。楽しくなかったです。

ぬり絵自体はとてもいいものだと思いますが、向き不向きがあるみたいです。

つぎは音読してみました

ちょっと前のベストセラーです。ちょっとではなく結構前かも。

適当なページを開いて読みます。

今日読んだのは、寿限無 や与謝野晶子のそぞろごとなど。

短いので読みやすいし、面白かったです。この本は、枕草子のようなものから、落語・物売りの口上・俳句などバラエティに富んでいて楽しめます。

滑舌のトレーニング

なぜ音読をするかというと、滑舌改善です。

歳をとって滑舌が悪くなりました。口が回らないことがあります。

舌の筋肉や口周りの筋肉が衰えることが原因のようです。

舌に筋肉があるなんて考えたこともなかったです。舌は筋肉で動いているので、歳とると衰えていくらしい。

当たり前ですが、いろいろ衰えますね。

滑舌のトレーニングにもなるし、喉の筋肉も使うし、音読おすすめです。

👅のトレーニング

舌の筋肉を鍛えるには何といってもこれです。

『あいうべ体操』

あ、い、う、と大きな口で言って最後にべーと👅を大きく出します。

あいうべ体操はいいことがたくさんあるようですが、やっぱり続けるのが難しい。

一時はまって毎日やっていましたが、今日は1年ぶりにやりました😛

続けることが大事だけれど、続かなくてもやらないよりはやった方がいいもんね。

認知症予防に大切なこと

口腔ケアは認知症予防にとっても大切だって今日のNHKでもやっていました。

よく噛むこと。噛むことで脳が活性化されるので、一口40回噛むといいらしい。

歯を大事に。歯周病の菌はそのまま脳にいくらしいです。こわ。

あきらめず、あわてず、あせらず、

できる範囲でやっていこうと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA