料理

梅ジュースの梅をジャムと梅味噌に

今年の梅ジュースがもう出来上がりました。つけたのは2週間前位。早くも梅がしわしわになりました。

今年の梅ジュースは氷砂糖が多かったみたいです。梅1Kg×氷砂糖1Kgの基本で作ったつもりだったけど、もしかしたら梅が1Kgなかったのかもしれません。

しわしわになるのが早かったです。

とりだした梅。

半分は梅ジャムに、半分は梅味噌にします。

梅ジャム

しわしわの梅から種をとりだします。梅の実に包丁で切り込みを入れて手でむくと、きれいに取れます。

種は捨てます。

実だけを鍋に入れて水と砂糖を入れて煮ます。それだけ。水はひたひた。砂糖の量は適当です。

今回は溶け切らなかった氷砂糖を使いました。

出来上がり。

梅味噌

カリカリした梅味噌もおすすめです。

梅味噌は、実を刻みます。

刻んだ梅の実と同じくらいの量の味噌、砂糖大さじ2、ゴマ大さじ1、みりん大さじ1、酒大さじ2、水50cc、かつぶしの粉を入れて弱火で混ぜます。

煮詰めるというより混ぜる感じでしょうか。すぐできます。

おにぎりにしました。

最近、カリカリ梅のおにぎりが夏になると売っています。あれの味噌味バージョン。なかなかいけます。あまり酸っぱくなくて、カリカリの実を楽しめるので孫もお気に入り。

梅酒のジャムと梅ジュースのジャム

梅酒の梅で作ったジャムと梅ジュースの梅で作ったジャム。

写真ではよくわからないけれど、実際に見ると違います。上が梅ジュース。なめらかで味もフレッシュです。

下が梅酒。実が多いせいか繊維が多く少しざらざらしています。味は少しあんずぽくてアルコールを感じます。

パンやヨーグルトには、梅ジュースのジャム、魚や肉料理のかくし味には臭みも消してくれる梅酒のジャムがおすすめ。

でもどっちも美味しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA