スイミング

泳げる人の理屈 泳げない人の屁理屈?プールの風景

池江璃花子選手、おめでとうございます!!

努力は報われる の言葉を聞いて涙が出ました。並大抵の精神力じゃないです。

あきらめず、努力をすること 見習います。(❁´◡`❁)

泳げる人と泳げない人が同じコースで泳いでいると・・・?

プールには、泳力の目安がコースごとに一応あります。

一応です。だって、プロではなく、水泳愛好家たちのプールなんですもん。

25mプール。往復スピードコース。

ここはある程度泳ぎに自身のある人が泳ぎます。って言ってもさ、素人のおじさんおばさんがいくプールですから。ゆっくりでマイペースを崩さない人も、そんなに早くない人ももちろん泳いでおります。

そこへ、見るからに筋肉、学生時代は泳いでいましたとも! ってな若い男性がやってきます。

当然泳げます。おじさん、おばさんとはレベルが違います。たいていの人は、泳げる人が来るとそのコースを譲ります。

泳げる人のコースは泳げる人優先。

決まっているわけではないけれど、なんとなくそうなることが多い。ペースが合わないとお互い泳ぎにくいですよね。

遅い人と早い人が一緒に同じコースで泳いでいたら、どっちが優先?

上級者はよけるのもうまいから、ペースを合わせてくれたり、いろいろな練習を組み合わせてくれて、たぶん余裕で遅い人に合わせてくれます。

でも、限度あるよね。人にもよるし。

やっぱり、遅い人が譲る方がスムーズなことが多いですよね。なので、たいていは早い人優先です。

暗黙のルールかと。

今日のプール。マイペースで泳ぎ続ける、スローリーAさん。そこへBさんがやってきました。Bさんは早いから、かなりの時間差でスタートしても、すぐに追いついてしまう。

しかーし Aさんは揺るぎません。

Bさんが追いついて、泳げなくなっても気にしません。マイペースだから気がついていないのかな。

いいえ。

しばらくしてAさんは、追いついて困っているBさんに振り返って一言。

『前の人に近づきそうになったら、止まって距離を取ったあと再スタートしてください。それがルールです!』

おーい!!! そうなのかい?そのルール初耳だけど?

お互い譲りあって泳ごうよ❗

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA