老後のお金

老後に必要な貯金はいくら?『足るを知る者は富む』の精神でのりきろう。

老後2000万円必要っていわれています。

老後2000万円問題ですね。少し前に話題になりました。

これは、夫婦二人の年金生活の平均受給金額が 

月約210000円。

社会保険料等が28000円。

平均生活費が 235000円。

不足金額がおおよそ55000円として、65歳から95歳までの30年間で

55000×(12か月×30)=19800000。で、2000万円不足ってことでした。

おひとりさまでは?

単身者の年金の平均受給金額は、

月約115000円。(ねんきんネットによると私はもっと少ないです。110000円くらい)

社会保険料が 12000円 (ここももっと少ないような気がする)

平均生活費が 143000円

不足金額は 約40000円。

40000×(12か月×30)=14400000。約1500万円不足ですね。

必要な生活費はいくらか

そもそも、この平均生活費って本当に生活するためのお金だけで、旅行に行くとか、趣味に使うお金はとか入っていないですよね。病気をするとか、不意の出費とかも入っていない。

それらを考えれば、もっと必要です。

余裕のある生活をするならば、1500万、2000万どころか、5000万、1億必要かも。

人間の不安にはきりがない

いくらあれば人は安心するんでしょう。

よく、ヤフーニュースで家計の相談の記事がピックアップされています。興味があるので必ず読みます。

ファイナンシャルプランナーFP の人が相談にのってるのですが、

相談をする人は、貯金額が日本の平均を大きく上回っている人がほとんどです。貯金額は2000万円なんて軽く超えています。

『なんでこんなに皆さん貯金を持っているんだろう。なんてしっかりしているの。えらいわ。すごいなぁ。

なのになんでそんなに不安なんだろう。』と思います。

もちろん、安心した老後を送るには、お金は必要です。地獄の沙汰も金次第です。

知り合いのお金持ちの80歳の方は月50万円のホームに入居されています。快適らしいです。

そうなると、いくらお金があっても足りませんね。

仮に1億円持っていたとしても、もっと持たないと不安になるのも頷けます。。

人の欲望というか不安はきりがないものなんでしょうか。

ある中で暮らす

必要な生活費は人によって違いますが、入ってくる中・持っている中で暮らしていくしかありません。

足るを知る者は富む

今は生活費12万円ぐらいで生活しています。

洋服など物ははほとんど買わないです。これは節約もありますが、物を買いたいという欲求が少なくなってきたのと、物を捨てることに少しの罪悪感を感じるからです。

地球温暖化が叫ばれている中、物を捨てるときに『ごめん』とつい思ってしまいます。もちろんリサイクルなど物を回していける場合はいいですよね。

生活費が12万円なら不足額は620万円

生活費が 120000円なら不足額は 17000円。

17000×(12か月×30)=6120000。約620万円不足に変わります!!

老後の生活のことはいろいろ不安です。できる範囲で頑張りたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA