老後のお金

老後の住まいはマンションのままでいいのか思案する

マンションの管理費が4月から値上げされる

ポストをのぞいたら、マンションの管理会社からはがきのようなお知らせが来ていました。

内側に重要なお知らせがございます

と書かれ、差出人は管理会社のマンション会計部。管理組合からの業務代行です。

一瞬、ドキッ!! 銀行の残高不足で引落ができなかったのか?いやいや残高はあったはず!?玄関入るなりハガキを開封しました。

あーなんと。がっくし。 管理費値上げのお知らせでした。3月まで¥21930が4月から¥23820になるらしい。¥1890の値上げとなります。ショックです。ずっと老後の生活についていろいろな角度から検討を重ねてきていたところなんです。

年金生活まであと3年。年金額は年金ネットで試算すると月10万円ちょっとです。厚生労働省の資料によると、女性の厚生年金を受給額の平均は年間約130万円で月にすると約10万8千円なんだそう。まさに私はその平均額。厚生年金に35年加入した人の受給額がこれですよ~。

少ないよね・・・。その中から管理費を出すのってきつい。月約8万円で生活するってことだもんね。

年金ネットに登録して試算したとき、あまりの少なさにびっくりしたけれど、それが女性の平均額と知って一瞬ほっとした。(だってそれなりに働いてきたんだよ)

ってことはつまり年金そのものが少ないってこと。

若い時にもっと資産運用を考えるべきだった と後悔してももう遅い!!! んだよ。

若者よ(娘)、しっかり資産運用しておけよ。後で笑えよ。

話を戻します・・・・。

マンションの管理費がずっしり肩に重いんです。この管理費さえなければ。となると、今住んでいるマンションを売って中古の一一軒家に住み替えるか?でもやっぱり一軒家ってマンションより高いからそこそこの日当たりや間取りをとると、今より相当不便なところになってしまう。それに光熱費は確実にマンションよりかかるよね。

先週中古築35年の一戸建てを見に行ったけれど、『うーん、そっかーっ』て感じだったので、やっぱりここにこのまま住むかなと考え直していたところへの値上げのお知らせ。このあとも管理費どんどん上がるよね。またまた思案中になりました。

年金生活まであと3年。ってことで62歳になりました。ってわけでケーキです。

祝62歳 いくつになっても楽しく一日を大切に

今年のケーキ

でもってついでに

去年のケーキ

あと3年でできるだけ老後資金が貯めたい。なのに再雇用3年目は給与2万円カットだそう。泣き面に蜂。でも涙をふいてゆるゆる頑張りますぜ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA