日常

電子図書館はおすすめ。使い方も簡単。必要なのはパソコンやスマホだけ。

図書館で電子書籍を借りました。借りたのは、

森 秋子さんの 『使い果たす習慣』 です。

今は図書館に入って本を選ぶことはできません。予約した本をカウンターで受け取るだけです。直接本の中身を確認したい人や、ぽっとできてしまった時間を過ごしたい人には受難です。図書館で思いがけない本を見つけることもできなくなりました。

でも電子書籍という選択肢が増えました。

はじめての電子書籍は思ったより簡単

図書館で電子書籍を借りるのは初めてです。

使い方はこんな感じ。

図書館のホームページから、電子書籍サービスを選び、ログインします。

読みたい本を探します。

読みたい本が見つかり、誰かが読んでいなければすぐ借りれます。

その場合、借りるをポチします。

借りるをポチ→すぐ読むをポチ→自動的に本が開き、そのままパソコンで本が読める。

これだけ。

誰かが読んでいれば、予約をポチ。順番がくればメールに連絡がきます。メールがきたら、電子図書館にログインして、借りるをポチすればOK。

電子書籍というと アマゾンのkindleを思いうかべます。

本は図書館か、ブックオフと決めているので、本を買う機会もなくkindleも試したことがありません。年齢的に、やっぱり本は紙じゃなくっちゃ と思っている派。目が疲れる(に違いない) というのが一番大きな理由です。

今回電子書籍を初体験しましたが、思っていたよりずっと読みやすかったのでびっくり。

目もあまり疲れず、さくさく読めました。パソコンだったからかもしれません。

電車の中でスマホで試した時には、文字が小さいので拡大しないと読みづらく、拡大するとページの全体像がつかめなくなるので少し不便でした。

電子図書館は、24時間365日やっていますし、わざわざ図書館まで行く必要もないのでおすすめです。パソコンやタブレットの方が読みやいかもしれません。

『使い果たす習慣』の感想

物を使い果たすことは、物を生かすことという内容でした。いろいろ工夫されていて、思いがけない使い方を毎日の生活ま中で楽しまれているなぁと感心しました。

「ビーチテント」をリビングに張って、その中で寝るっていうのがありました。冬は暖かいそうです

真似したい。。面白そう。

こうしなければならない という固定概念をはずして、人生を楽しむために道具を使い果たす術がつまっています。森さんはキッチンのグリルでパンを焼いているそうです。

触発されて、私もトースターを使わずにパンを焼きたくなりました。グリルではなく、しまってあったグリルパンを使ってみました。

使うことなくしまってあった 柳宗理の南部鉄器グリルパン。

とけるチーズごと裏返して焼いた結果がこちら。チーズがチーズとは思えないものに。縮んで片側に寄ってます。

かりかりしたチーズは、グリコのCheezaみたい。スーパーで買った超熟もかりかりに焼けています。見た目よりずっと美味しかったです☺

電子書籍で、パーカーさんの ひとりの時間が僕を救う を予約してみました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA