こころの風景

高齢者の一人暮らしは寂しい?おひとり様の老後。

内閣府の国際比較調査で、日本の高齢者の3割が親しい友人がいないと回答したとの記事を読みました。

アメリカ・ドイツ・スウェーデンの四か国の中で一番割合が高かったとか。

親しい友人のとらえ方は人それぞれだけど、毎日の生活の中で会ってお話する人ってことですかね。

一人暮らしだと誰ともお話をしないまま一日が過ぎてまうこと、よくあるのではないでしょうか?

マンション住まいは、つながりがない。

以前は2階建ての賃貸に住んでいました。町内行事が盛んで古くから住んでいる人ばかりのところでした。

一歩外に出ると、近所の人に必ず会いました。みんな顔みしり。挨拶するだけの人、立ち話をする程度の関係の人、家に上がって一緒にご飯を食べる間柄の人 等様々。人間関係が濃かったです。

今住んでいるマンションに引っ越して20年以上たちます。

マンションって見事に人と話をしないところです。そもそも会わないです。今日も朝、玄関から出て下のエントランスまで誰とも会わなかったし、仕事から帰ってきた時も誰とも会いませんでした。人もたむろっていません。

お隣さんは気さくな人柄で、誰とでも仲良くされる社交的な方です。お会いすれば私もよくお話します。

でも1年に2回ぐらいしかすれ違いません。会わないんです。ほんとに。

フルタイムで働いているので、専業主婦であるお隣さんと生活のサイクルが違うのもあると思いますが、土日も知っている人にほぼ会いません。

知っている人は何人かいるんですよ。同じ階の人はもちろん、マンション内の町内会のようなもので一緒に役員をやった方とか、ハイキングサークルでご一緒の方とか。

でも会いません。たま―に会っても、軽くお話する程度。

マンション内で、立ち話をしている人ってあまり見かけません。禁止されているわけではないと思うのですが、近所づきあいが煩わしいと感じるタイプの人のが多いのかなと推測します。それに今はコロナが拍車をかけて、挨拶をしない人も多くなりました。

地域のつながり、きわめて希薄です。

近くに住んでいる友達はいない

行くところがあって 

やることがあって

お話する人がいる

これがあるとないとでは違います。

今は会社へ行って、仕事をして、同僚とばか話もできる。仕事のストレスを感じることはあっても、孤独ではないです。

毎日友達と会うわけでも、娘や孫と会うわけでもありません。今は仕事に行っているけれど、完全リタイアしたら寂しくなっちゃうかしら。

プールに行けば知り合いがたくさんいるから、それで大丈夫かしら。

自分の老後も心配です。

スイミングで孤独を回避

スポーツクラブには一人暮らしの方もたくさん来ています。スポーツクラブは高齢者だらけともいえます。

『ここにきて、おしゃべりするくらいの距離感がちょうどいい』と言う方が多いです。確かに自分の都合のいい時間に来て、その時いる人と世間話をする というスタイルは、近所の井戸端会議にありがちな煩わしさもなく、距離感も加減できてらくちんそうです。

スポーツクラブが高齢者の孤独対策にはたしている役割は大きいものがありますね。スポーツクラブだけでなく、いろいろな趣味を持つことは、頭と体と心に必要だなーと思います。

家の中で孤独を感じている時でも、会社で人間関係に悩んでいる時でも、別の場所へ行って、違う何かをやって笑いあえる人がいることでものすごく救われます。別の世界があること、いろいろな世界を持つことで心は軽くなりますね。

今はこんな時なので、プールも休業しています。早く世の中が落ち着くといいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA